皮膚科よりも効く?

優秀なクリニックを選んで、気になる悩みを一掃しましょう

ここでは、皮膚科と美容皮膚科、美容整形外科、3つの科の違いや特徴についてご紹介します。

皮膚科と美容皮膚科の違い

ふたつとも医療機関であることは同じです。医師が診断し、治療するという点も同じ。私も腕の治療を受けるまでは、この2つの違いについてほとんど意識することはありませんでした。

その違いを簡単に説明すると、

  1.  皮膚科は、皮膚に生じた疾病を治療し、基本的に保険が適用される。
  2.  美容皮膚科は、容姿をより美しくする目的でレーザー機器などを使用。基本的に自費診療。

という点でした。

まず皮膚科は、塗り薬や内服薬等を処方し、疾患を治療していきますが、「美容」の要素はありません。あくまで皮膚の疾患を治療するところです。

一方、同じ皮膚の疾患でも、見た目を重視し、改善するのが美容皮膚科。皮膚科に比べると、美容技術に優れています。その分、保険が適用しないので、自費診療となります。

なお、美容外科はメスを使うのが特長で、容姿を美しく整えることが目的の医療機関です。美容皮膚科と異なるのは、メスを使う治療を行うことです。

レーザーの施術は美容皮膚科で

レーザー機器を用いる治療は、基本的には施術を皮膚科で受けることができません。なぜなら、厚生労働省が保険適用を認めていないからです。

私の友人は皮膚科でニキビ跡を消したいと思い治療を受けていたのですが、いまひとつ治りが遅かったり、治療方法が物足りなかったそうです。彼女は思い切ってそれまでの皮膚科から、イオン導入が行える美容皮膚科を受診しました。結果、キレイなお肌に生まれ変わったんです。

「多少お金はかかったけど、ずっと悩んでいるより余程良かったわ」と喜んでいました。

自分のニーズにあわせた治療ができるクリニックを選ぶことが大切だと思います。もちろん、治療にかけられる予算も想定してみてくださいね。

美容整形外科よりも敷居が低い

ここ数年、美容皮膚科の技術は進化を遂げる一方だそうです。さまざまな技術が開発されたことにより、お肌の幅広い悩みをカバーできるようになりました。

皮膚科よりも診療の手段が多い点、見た目をガラリと変える美容整形外科に比べて気軽に訪れやすいという点でも、美容皮膚科の利用は上昇しています。

いずれ、美容医療の主流となっていくのではないでしょうか。

キズ痕治療ができるレーザークリニック比較

気になる傷跡をレーザー治療で治すには