レーザー治療の際の注意点

優秀なクリニックを選んで、気になる悩みを一掃しましょう

ここでは、傷痕レーザー治療で失敗しないために、受ける前に注意しなければならないことについて説明します。

大切なのは知識と理解

さまざまなシーンで活用されているレーザー治療ですが、時として想定外のことが起こることがあります。

レーザー治療にかんしてもっとも重要なのは、安全性の確立と専門的な知識。

最近では、ごく一般的に「レーザー治療」という言葉を耳にするようになりました。レーザー治療を万能の治療方法と考えている人も、少なくないでしょう。

確かに、幅広い分野でレーザーが使われ、成果を上げています。ですが、実は特殊な機械を用いて照射する大変シビアな治療法であるため、使用について高い安全基準が定められ、それに基づいた専門的な知識や設備、技術が必要とされるのです。

そのため、治療施術者(クリニック、エステなど)は、きちんとした知識を持ち、訓練されていることが大切なのです。

エステサロンや美容サロンなどでレーザー機器による施術をアピールしているところもありますが、医療機関などの専門機関に比べると、使用できる機器や技術に差があります。

場合によっては、レーザー治療が引き金になって思わぬ失敗をもたらすことがあるので、安心して任せられるクリニックを選びたいものです。

また、レーザー治療を受ける私たちにしてみても、人によっては合う合わないがあり、必ずしもよい結果だけをもたらすとはいえません。

1人ひとりの肌の状況にあわせて施術してくれるか。当たり前ですが、これも大切なポイントなのです。

失敗しないための注意点

傷痕レーザー治療を施術するにあたっては、日本では国際電機諮問委員会(IEC)やJIS規格で安全性が決められています。

たとえば、人に対して使用できるレーザーの最大照射量を、人体に害を与えないレベルに定められているほか、レーザーを照射する場合はゴーグルなどで目を保護し、直接見ないような措置をするなどの基準です。

現在のレーザーは安全性が高いとはいえ、こうした基準を守らなければ、施術者も患者も大きなリスクをともなうことに。基準を順守しているからこそ、安全に治療をうけることができるのです。

せっかくレーザー治療を受けて傷痕が綺麗になるはずが、思ったような結果が得られず失敗ということにならないよう、信頼できる施設を選んだほうがいいですね。

ただし、高血圧の人など、なかにはレーザー治療を受けるのに適さない人もいます。レーザー治療は、照射することによって一時的に火傷のような状態になるので、痛みを感じることがあります。

この痛みによって、血圧が上がってしまう場合があるそうです。

そのほか、刺激によって体調を崩す場合があるそうなので、とくに体の弱い人や体力に自信のない人などは、事前に医師とよく相談してください。

気になる傷跡をレーザー治療で治すには