銀座HALクリニック

優秀なクリニックを選んで、気になる悩みを一掃しましょう

ここでは、傷跡のレーザー治療を専門的に行っている銀座HALクリニックについて、その治療の種類や効果、特徴などを詳細に紹介していきます。

困難な症例でもほぼ完治できる傷跡治療

ホームページの症例写真を見ると、痛ましいほどの傷跡が治療後にはほとんどわからないほどに回復していることがわかります。これは、傷の状態と治療法、施術者の技術がマッチングしたことからうまれた成功症例の数々です。

特に、院長である菱田康男先生は、シミ、ほくろ、あざなどの治療では定評があり、さまざまな学会で成果を発表するなどしたメラニン系疾患の権威です。このあざの専門医がこれまでの経験から独自に治療法を改善していき、最善の方法を確立していったということの表れです。
例えば、ケロイド治療ではレーザーと従来の治療を併用することでこれまで以上の成果を上げることに成功しました。

傷跡の状態に応じ治療法を選択するプロの判断力

傷跡には様々な形や状態があり、また部位や大きさも千差万別です。そんな傷跡の治療を行うには、やみくもにレーザー治療を行えばいいというものでもありません。傷跡の治療には、主に「レーザー」「手術」「それ以外の方法」があります。
特に最近はレーザー治療がもてはやされていますが、例えば幅の広い傷跡に対してレーザー治療は決して有効ではありません。また、傷跡の色が目立っている場合、レーザーを当てる技術も熟練が必要になります。
体は筋肉で覆われ複雑な動きをしています。それと同時に傷跡も、筋肉と連動して動く場合があります。こういった場合、筋肉について十分に理解しレーザーを当てるなどの治療を行わなければ、逆に傷跡を目立たせる原因にもなります。

そこで、早期発見早期治療をお勧めしています。銀座HALクリニックでは傷跡の治療の専門医がいると同時に専門の設備も整っているそうです。
銀座HALクリニックで使用されているレーザーの種類は確認できませんでしたが、施術を行う担当医師の技術と経験、知識は確かなもののようです。これまで傷跡治療がうまくいかなかった人が受診するクリニックとして定評があります。

銀座HALクリニックのレーザー治療の費用と流れ

治療の流れについては、ホームページでは確認できませんでした。サイトでは、無料メール相談なども受け付けていますので、直接問い合わせをしてみるといいでしょう。

傷跡の治療には、レーザー治療と修正手術、自家コラーゲン注入術、ピアスケロイド治療、ケロイド治療などがあります。なかでもレーザー治療は、1年コース6回で30,000円となっています。1回ではなかなか治らない傷跡の治療をコース制にしてしっかり治すという方針のようです。
レーザー治療の適応でない傷跡については、手術によって取り除く場合もあります。

また、難しいケロイド治療についてもレーザー併用療法を取り入れ、日常生活に負担の少ない治療法として定評があります。

気になる傷跡をレーザー治療で治すには