レーザーで傷跡治療をするメリット・デメリット

優秀なクリニックを選んで、気になる悩みを一掃しましょう

ここでは、レーザー治療のメリットとデメリットについてご紹介します。私が手術を受けるに当たって、一番気にしたのは、以下のようなポイントでした。

治療の長所と短所を知る

【メリット】

  • 施術時間が数分と短い。
  • 痛みも少なく、出血がない。
  • 入院の必要なし。
  • 翌日から入浴可能。

【デメリット】

  • 傷の状態によっては、施術を数回以上行う。
  • 最初のレーザーではとれない傷もある。
  • アフターケアが長くかかる。

やはり、治療のメリットとデメリットはクリニックを選ぶ前に知っておいたほうが良いと思います。カウンセリングを実施しているクリニックでは、気になることは何でも聞いたほうがよいと思いました。

大手と個人クリニックを比較

最近では、美容皮膚科の受診は特別なものではなくなってきたようです。私は、大手クリニックと個人クリニックも比較してみました。その結果、次のようなメリットとデメリットが考えられました。

【大手クリニックについて】

★メリット

  • ドクターの数が多く、情報量が多い。最新の機器がそろっている。
  • 受けられる施術の幅が広い。

★デメリット

  • 規模が大きいことから、診察とオペの担当医師が違う。
  • 医師の数が多いことから、当たり外れがある。

【 個人クリニックについて】

★メリット

  • 特定の技術に習熟した医師が診療からオペまで担当してくれる。
  • 医師による技術の差が少ない。

★デメリット

  • 機器が大手にくらべて少ない。
  • 実績のある施術とそうでない施術の経験の差がある。

個人クリニックには医師がひとりしかいないので、カウンセリングを受けたら自分に合っているかどうかすぐに判断できますが、大手の場合は医師がたくさん在籍していらっしゃいます。

気に入った医師に会えるまで、いくつかのクリニックに通うのもひとつの方法ですね。

要は、そのクリニック(医師とスタッフ)が信頼できるかどうか、見極めるのが大切です。質問に対する答えが具体的で、施術のメリットもデメリットも話してくれるほうが信用できると思います。

時間がない場合は、クリニックに一度電話を入れてみるのもよいと思います。受付の対応ひとつで、そのクリニックの誠実さは分かるものですから。

気になる傷跡をレーザー治療で治すには