フラクショナルCO2レーザー

優秀なクリニックを選んで、気になる悩みを一掃しましょう

ここではフラクショナルCO2レーザー治療について紹介しています。

フラクショナルCO2レーザーの傷跡治療の効果

フラクショナルCO2レーザーは、皮膚が持つ自己再生能力を利用して肌の入れ替えを促す治療です。

まず、治療箇所に極細の炭酸ガスレーザーを照射して、皮膚に無数の小さな穴をあけます。
すると、コラーゲンのある真皮まで、レーザーによる細長い組織欠損が出来ますが、皮膚の自己再生能力によってこの穴は徐々に修復され、この組織欠損部の癒着が肌の引き締め効果を発揮してくれるのです。

約2週間後には、レーザー照射箇所の表皮は新しく再生され、コラーゲンも増えています。これを数回繰り返して、皮膚を入れ替えるのです。

治療直後は皮膚に赤みが出る場合がありますが、時間が経つとともに消え、翌日には通常通りの生活ができます。ダウンタイムが極めて短いことも、フラクショナルCO2レーザーの特長です。

治療する医院や個人によって差がありますが、平均としては1回の治療で約 10 %~15 %の皮膚が再生され、 4 回 1 クールなので 1 クール終了時で半分以上の皮膚が生まれ変わる計算になります。

元々デリケートな肌を持つ日本人は、通常のCO2 レーザーで肌の入れ替えを行なうとダウンタイムが数ヶ月続いたり、炎症後色素沈着というシミになったり、リスクもとても大きかったのです。

その不安を解消してくれたのが、このフラクショナルCO2レーザー。皮膚の入れ替えを小さな点の集まりで行うことで、ダウンタイムを飛躍的に短縮し、また痛みも大幅に軽減することに成功しています。

治療前後に気を付けること

いくら治療を望んでも、場合によっては受けられない人もいるので、自分が当てはまるかどうかを把握しておくことが大切です。
以下、病院側から受けられないと言われている例をご紹介しています。

  • 1ヶ月以内に強い日焼けをしている方
  • 妊娠している方。または可能性のある方
  • 光過敏症の方
  • ケロイド体質の方

この他にも受けられない場合があるので、担当医の診断を受けましょう。

気になるメイクや入浴の開始時期ですが、シャワーや洗顔・洗髪は当日から可能となっています。ただし、入浴やメイクは翌日からとなっていますので、綺麗な肌に生まれ変わるためにも我慢してくださいね。

治療後は、なによりも紫外線と乾燥が皮膚の大敵になるので、UVケアと保湿ををしっかり行なって下さい。2日後からは、皮膚にごく小さなかさぶたが無数に形成されるため、治療した皮膚の表面に触れるとザラザラした感じがしますが、これは肌再生の途中の状態なので心配いりません。
治療1ヶ月後には肌再生が完了し、しっとりとした肌に生まれ変わっています。

4~5回を目安に繰り返し治療するのが、もっとも効果的です。

気になる傷跡をレーザー治療で治すには