睡眠で皮膚再生を促進

優秀なクリニックを選んで、気になる悩みを一掃しましょう

ここでは、健康な肌を育てる“睡眠”に関する豆知識をご紹介しています。

睡眠不足は美肌の敵

実は最近、私は肌をいたわるケアを念入りにしています。

というのも、レーザーのおかげで腕の手術痕がほとんど消え、半袖が着られるようになり、ファッションを楽しむ余裕が生まれたからです。やはり、お肌もファッションの一部ですよね。

そんな私が、一番気を使っているのが睡眠です。

皮膚の細胞は日々生まれかわっていますが、それは睡眠中にだけ起こるのです。

自律神経には動いている時に働く交感神経と、休息の時にだけ働く副交感神経があります。昼間、交感神経は脳に血流を集めて体の動きや感覚をコントロールするので、皮膚への血流は不足します。一方、夜間は副交感神経が優位になり、脳への血流が減って皮膚への血流が増えます。この時間帯こそ、肌が再生する時なのです。

また、睡眠中には成長ホルモンの分泌がアップ。このホルモンは分泌が活発になる睡眠中に、体の機能の修復や疲労回復、皮膚の再生を行ってくれるスグレ物です。

睡眠不足の場合は、肌の代謝が低下し、シミ、シワといった老化を進ませてしまうから、要注意ですね。

お肌回復のゴールデンタイム

睡眠は「量」もですが、実は「質」も大切です。なぜなら、深い睡眠をとることができないと、成長ホルモンが十分に分泌されないから。就寝時間が不規則なのも、生活のリズムを崩し、睡眠にも影響大。なるべく毎日同じ時刻に就寝するのが良いのです。

お肌の回復のゴールデンタイムは、午後10時から午前2時まで。私はなるべくこの時間帯にベッドにもぐりこんでいます。

肌のことを考えると、睡眠は6時間以上がベスト。データによると、睡眠が6時間以下の人には、肌荒れを起こしている人が圧倒的に多いそうですよ。

では、週末に寝だめをしたら?という声が聞こえてきそうですね。これは肌の代謝を一度に1週間分まとめて行うわけにはいかないので、無理なお話なんです…。

つまり、美肌作りには、毎日決まった時間の就寝、規則正しい生活が大切ってわけです。

気になる傷跡をレーザー治療で治すには